見た・聴いた・読んだ

見た・聴いた・読んだ 2020.1.6-12

今週のフロント 圡方宏史監督『さよならテレビ』(2019)  おととし秋に放送された東海テレビのテレビドキュメンタリー(→レビュー記事)を30分ほど長くして、丁寧に再編集された劇場版です。大阪・十三の第七芸術劇場で平日夕 …

見た・聴いた・読んだ

森達也監督『i ─新聞記者ドキュメント─』

 東京新聞記者・望月衣塑子の著書に着想を得た、河村光庸企画作。藤井道人監督『新聞記者』も河村の企画であり、フィクションとドキュメンタリー両方を作る構想がもともとあったという。フィクションも森が撮るつもりだったが、諸事情で …

見た・聴いた・読んだ

映画『主戦場』

 大阪・十三のシアターセブンで映画『主戦場』(2019年、ミキ・デザキ監督)を見てきました。慰安婦問題の論争を扱ったドキュメンタリーですが、面白かったと思います。  よく言われる「証拠がない」「元慰安婦の証言に一貫性がな …

見た・聴いた・読んだ

『天気の子』を見ました

 新海誠監督の『天気の子』を見てきました。アニメーション映画自体を見ることがあまりなく、新海作品も初めてでした。TOHOシネマズ梅田のレイトショーでしたが、公開から1か月余りたっていてもかなりの動員でした。男女カップルも …

きょうも生きています

きょうも生きています #99

 映画『新聞記者』(藤井道人監督、原案・望月衣塑子東京新聞記者)をシネ・リーブル梅田で見た。午後8時半からの上映で、観客はやはり高齢が多め。内調(内閣情報調査室)の描写も、新聞社側の描写もリアリティーがなく、かといってス …

見た・聴いた・読んだ

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』を見ました

 世界最大級の知の殿堂にして、日本の図書館像を超えたサービスを展開して市民の文化的生活を支えるニューヨーク公共図書館の舞台裏を追ったドキュメンタリー映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(フレデリック・ワイズマ …

きょうも生きています

阪大で映画『愛と法』を見ました(きょうも生きています #83)

 セクシャルマイノリティーを題材とした作品などを中心に、性をテーマとした映画を上映する「大阪学生Queer(クイア)映画祭」がこの週末、豊中の大阪大学であり、2日目の「愛と法」(2017年、戸田ひかる監督、日英仏合作)を …

きょうも生きています

きょうも生きています #73

 あべのアポロシネマで映画を2本見た。午前中に「来る」、午後に「ボヘミアン・ラプソディ」。以下、ネタバレご容赦。  既に巷間の評判通りで、ホラーというよりはダークコメディー(もちろん残酷描写はあるけれど)。キャスティング …