2021 映画鑑賞この一年

2021年12月31日

 2021年は映画鑑賞が新たな趣味となり、邦画を中心に映画館に通うことが増えました。そこで、新企画「映画鑑賞この一年」をお送りします。ことし見た映画の中から印象的な5作をご紹介します。

『佐々木、イン、マイマイン』

 それまでは年に数本程度だった映画鑑賞が趣味になるきっかけを作ってくれた作品です。役者の夢も彼女との同棲生活もうまくいかない26歳の悠二(藤原季節)が、高校時代の親友・佐々木(細川岳)との思い出を回顧しながら、主体性を回復していく物語です。

 男子高校生の友情は、仲の良さ自体がいくら絶対的であろうと他者同士の関係である以上微妙な緊張感をはらむものです。それは憧れ、プライド、同情、さまざまな感情が入り混じった緊張感ですが、ここを丁寧に描いたことによって、ホモソーシャル的な論理と一線を画して友情の素晴らしさを見せることに成功しています。

 脚本がよく練られており、悠二が取り組む(チャンドラーではなく)テネシー・ウィリアムズの戯曲『ロング・グッドバイ』のセリフが、悠二と佐々木の関係性とオーバーラップしていく構成がとても秀逸です。

 また、同棲相手ユキ(萩原みのり)とのシーンも見応え十分。序盤、夜明けのアパートのシーンは、終わりが見えているカップルの、もはや関係継続のため選択肢がない絶望的な手詰まり感がとてもリアルで、ここで心をつかまれる人も多いと思います。そして終盤の別れのシーンは、理想的で美しいものでした。

 主体性を持って自分の人生に最善を尽くすことの尊さや、その苦しく険しい道を支えてくれる過去の友情や思い出のありがたさを切々と訴える人生讃歌が本作ではないかと思います。

映画『佐々木、イン、マイマイン』

 俳優を志して上京したが鳴かず飛ばずのままくすぶっている26歳の悠二(藤原季節)…
charlieinthefog.com

『花束みたいな恋をした』

 サブカルワナビーの大学生2人が偶然の出会いを経て交際、同棲し、別れるまでの4年間を描いた物語。非常に感情移入しながら見ました。学生・フリーターの間は「サブカルが好き」というより「サブカル好きな自分が好き」が前面に出ている痛々しさ程度のものだったのが、それぞれが社会人になるにつれて、ジェンダーによるキャリアモデルの違いが現実の生活に影響をもたらしていく残酷さの描写へと移り変わっています。

 本作の中で、2人はなぜ他でもないそれが好きなのかの理由が明らかにされません。なぜその作品を好きなのか、相手のどこが好きなのかが実は説得的でなく、「好き」への切実さが見えてきません。それにしてはよくもそんなに色々手を付けているなあというくらい、舞台となる2015年から2019年のサブカルキーワードがふんだんに登場していて、だから余計にすべてが「入れ替え可能」な感じがしてきます。そしてその「入れ替え可能」が現実であることを突きつけられるシーンが、ファミレスで別れ話をする2人の前に現れる、交際寸前の若きカップルなのでした。

 正直、本作を見るととことん落ち込みます。それだけに、2人が例えば浮気とか暴力のような「加害」と「被害」という構図による別れではなく、あくまで共同責任を持つ2人がきっちり話し合い合意した上で別れていくという過程を経たことに感動を禁じえません。

『花束みたいな恋をした』の感想が書けない

 2月8日に『花束みたいな恋をした』を見て以来、合わせて3回本作を見ているが、感…
charlieinthefog.com

 なお、こうした、若きカップルの挫折を描いた物語としては他にも『猿楽町で会いましょう』『恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~』も推したい作品です。

 『猿楽町』は男女が付き合うにあたり逃れがたい「加害」と「被害」の構図を描きつつ構図自体が撹乱されるシビアな鑑賞体験をもたらす映画です。『恋の病』は極度の潔癖症という共通性を持つ2人の恋愛を描くという点で、『花束』のサブカル偏愛という共通性と相似形を持ちますが、『恋の病』はもしその共通性が突然失われたら2人はどうなるのかという問いをテーマとしています。

映画『猿楽町で会いましょう』

 ラブコメタッチではなく、恋愛の得体のしれなさを考察し、その過程で社会の構造を浮…
charlieinthefog.com

映画『恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~』

 おことわり この作品は、初回の鑑賞ではできるだけ予備知識なく見に行ったほうが良…
charlieinthefog.com

『ひらいて』

 主人公の女子高校生・愛(山田杏奈)がクラスメイトのたとえ(作間龍斗)に恋をするも、そのクラスメイトにはすでに秘密の恋人・美雪(芋生悠)がおり、プラトニックでありながら付け入るすきのない絆で結ばれた2人の関係を前に、愛は美雪に近づいていく、という筋のお話。

 独占欲が満たされないことで暴走していく愛の行動。そうした愛を容赦なく否定していくたとえ。すべてを受け止めることができてしまう美雪。3人全員がどこかおかしくて不器用でありながら、紆余曲折を経て互いに無二の関係を取り結んでいくという、とても不思議なストーリーです。

 しかしこういう不可解、謎は青春につきものです。その不可解な青春が、3人それぞれにとってちゃんと意義のあるものへと昇華されていくのがとても感動的です。

 また、主演の山田杏奈の力量に圧倒されます。『彼女が好きなものは』にも出演していますが、この演技も素晴らしかったです。

映画『ひらいて』

 高校3年の主人公・愛(山田杏奈)は、クラスメイトのたとえ(作間龍斗)に恋したが…
charlieinthefog.com

『街の上で』

 下北沢の古着屋の店員、荒川青(若葉竜也)が彼女から身も蓋もない振られ方をして以降、青のモラトリアムな生活を描く今泉力哉監督の集大成的作品。登場人物全員がだらしなくて、でも愛らしいという、魅力的なシーンが盛りだくさんの映画です。

 青と城定イハ(中田青渚)の長尺の会話と、終盤の「全員集合」シーンが見たくて何度も映画館に足を運びました。

映画『街の上で』

 誰が言い出したことなのかは判然としないが、「人は二度死ぬ」という金言を僕は永六…
charlieinthefog.com

『ドライブ・マイ・カー』

 圧倒されました。3時間が全く長く感じませんでした。

 とにかく言葉が多い映画で、いわゆる「自然な会話」ではないのに、説得力を持ち、感情に染み入ってくるのがすごく不思議です。

 ただ、家福(西島秀俊)による「正しく傷つくべきだったのにそうしなかったので妻を失った」という総括には納得できていません。おそらく家福は正しく傷ついたところで妻を失ったのではないかと思います。死ではない形で2人は一旦は別れる運命にあったのではないかと思えるのです。深い愛情で2人が結ばれていることと、そんな2人が別れることが矛盾しないという残酷な現実を、ただ現実としてありのままに受け止めることこそが、「正しく傷つく」ということなのではないのか。みさき(三浦透子)の問いかけはそういうことだったのではないかと思います。

2021年、映画館で見た映画リスト

鑑賞順。題、製作年、監督、鑑賞日、鑑賞劇場の順。★は文中で触れたもの。

  1. 相撲道~サムライを継ぐ者たち~』2020年、坂田栄治(1月3日、シアターセブン)
  2. ★『佐々木、イン、マイマイン』2020年、内山拓也(1月5日・7日・10日、シネマート心斎橋;3月13日・20日、シアターセブン)
  3. その街のこども』2010年、井上剛(1月17日、シアターセブン)
  4. ★『花束みたいな恋をした』2021年、土井裕泰(2月8日・10日・15日、あべのアポロシネマ)
  5. すばらしき世界』2021年、西川美和(2月22日、あべのアポロシネマ)
  6. 青い、森』2020年、井手内創、内山拓也(3月20日、シアターセブン)
  7. あのこは貴族』2021年、岨手由貴子(3月20日・4月10日、テアトル梅田)
  8. ★『街の上で』2019年、今泉力哉(4月10日・11日・17日・24日、テアトル梅田;8月12日、出町座)
  9. 騙し絵の牙』2021年、吉田大八(4月11日、大阪ステーションシティシネマ)
  10. まともじゃないのは君も一緒』2021年、前田弘二(5月3日、シアターセブン)
  11. 14歳の栞』2021年、竹林亮(5月15日、第七藝術劇場)
  12. くれなずめ』2021年、松居大悟(5月22日、MOVIX京都)
  13. ★『猿楽町で会いましょう』2019年、児山隆(6月19日、出町座)
  14. 愛うつつ』2018年、葉名恒星(6月25日、シアターセブン)
  15. バケモン』2021年、山根真吾(7月3日、シネ・リーブル梅田)
  16. わたしはダフネ』2019年、フェデリコ・ボンディ(8月7日、シネ・リーブル梅田)
  17. サマーフィルムにのって』2020年、松本壮史(8月7日、イオンシネマ・シアタス心斎橋)
  18. 83歳のやさしいスパイ』2020年、マイテ・アルベルディ(8月8日、テアトル梅田)
  19. アメリカン・ユートピア』2020年、スパイク・リー(8月15日、シネマート心斎橋)
  20. ★『恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~』2020年、リャオ・ミンイー(8月24日、シネマート心斎橋)
  21. 整形水』2020年、チョ・ギョンフン(9月28日、シネマート心斎橋)
  22. アジアの天使』2021年、石井裕也(10月2日、宝塚シネ・ピピア)
  23. サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』2019年、ダリウス・マーダー(10月5日、シネマート心斎橋)
  24. かそけきサンカヨウ』2021年、今泉力哉(10月15日・18日・19日、テアトル梅田)
  25. 由宇子の天秤』2020年、春本雄二郎(11月27日、シアターセブン)
  26. ★『ひらいて』2021年、首藤凛(11月28日、テアトル梅田;12月4日・11日・18日・25日・30日、アップリンク京都)
  27. ★『ドライブ・マイ・カー』2021年、濱口竜介(12月12日、シネマート心斎橋;12月24日・27日・28日、テアトル梅田)
  28. ★『彼女が好きなものは』2021年、草野翔吾(12月14日、TOHOシネマズなんば別館)
  29. ある夏の記録』1961年、ジャン・ルーシュ、エドガール・モラン(12月16日、シネ・ヌーヴォ)
  30. 偶然と想像』2021年、濱口竜介(12月18日、出町座)
  31. 成れの果て』2021年、宮岡太郎(12月25日、テアトル梅田)
  32. ハッピーアワー』2015年、濱口竜介(12月29日、元町映画館)