ココナツ・チャーリイの日記です。といっても毎日更新ではなく、気が向いたときに書きます。

きょうも生きています

きょうも生きています #108

 土佐堀通を散歩していたら天満橋の駅から少し西に行ったところの南側にこんな標識があった。  「できません」でも「出来ません」でもなく「出きません」。見たことのない表記だった。

きょうも生きています

きょうも生きています #107

 カフェのテーブル席で読書していたら、正面に男子受験生2人が座り大きな声で喋り始めた。  うるさいなあと思いつつページを繰るのだが、2人は「あいつセンター66%やのに京大受けるらしいで」とか「上智の英文学科とかかっこええ …

きょうも生きています

きょうも生きています #106

 当地では思ったよりも台風の威力はなく、しかし平時に比べれば強い風でわざわざ外出するほどでもなく、飯を食い、昼寝をし、テレビを見て夜になると雨が強くなった。  自室で『本をつくる』を読む。谷川俊太郎の詩集『私たちの文字』 …

きょうも生きています

きょうも生きています #105

 天王寺動物園の企画展『戦時中の動物園』(18日まで)を見てきた。動物たちは戦意高揚のキャラクターに使われる一方、食料やエネルギーが不足する中、家畜でもない動物園のえさは真っ先に「節約」され、戦局が悪化すると空襲時の脱走 …

きょうも生きています

きょうも生きています #104

 2日遅れの投稿ですがあしからず。 ◇  未明にふと思い立って和歌山までサイクリングしようと、暗いうちに家を出た。サイクリングといっても例によってただのママチャリ。府道30号から、府・県道64号のルートで峠越え。山道は歩 …

きょうも生きています

きょうも生きています #103

 6月、7月とアルバイトにいそしんだので今月は少しセーブするのだが、それにしても休学中の学生には、家に何日もこもるのは少々気が引けるところがあり、用もないのにとりあえず電車に乗って大阪市内へ出てみたりする。  天王寺から …

きょうも生きています

きょうも生きています #102

 岸政彦の小説『図書室』がよかった。中年女性が小学生時代のガール・ミーツ・ボーイを回顧する話。  大人になってみれば、そんなものにこだわってどうするのかというくだらないことに、子どもなりに筋道立てて取り組んでいるうちに、 …

きょうも生きています

きょうも生きています #101

 なぜもっと早く導入しなかったのだろうと思うくらい、読書灯が活躍している。これまで部屋でする読書がどうも苦手だったが、十分な明るさがあって、布団に体を預けながらだったら普通に読めるということが導入によってわかった。  先 …

きょうも生きています

きょうも生きています #100

 きょう行ったブックオフの本の並びが面白かった。 「禁じられた愛のいざない」(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) 「すごすぎる!女が悦ぶセックス」(文庫ぎんが堂) 「厭な物語」 (文春文庫)

きょうも生きています

きょうも生きています #99

 映画『新聞記者』(藤井道人監督、原案・望月衣塑子東京新聞記者)をシネ・リーブル梅田で見た。午後8時半からの上映で、観客はやはり高齢が多め。内調(内閣情報調査室)の描写も、新聞社側の描写もリアリティーがなく、かといってス …