中日新聞の三重県内地域面

中日新聞の三重県内地域面

2020年6月7日
新聞版数面建て調査

 仕事の都合で6月下旬まで1か月ほどの予定で三重県伊賀地方に住んでいます。これを好機に2020年6月6日(土)、三重県内で新聞流通調査を行いました。その結果を3回に分けてご報告します。今回は中日新聞の県内地域面全てをご紹介します。


2020年6月6日三重新聞調査 記事一覧
  1. 中日新聞の三重県内地方版 2020年6月7日公開
  2. 3大紙の発行社境界・三重の県版は 2020年6月8日公開
  3. 三重南部の多彩な地域紙 2020年6月9日公開

三重県内の地域面は8種類

 中日新聞の地域面は4ページ構成です。三重県内では地域面で最もページ数の若い面が、県内7地域ごとに紙面が異なる、いわゆる「子版」となっています。

 子版は以下の通りに7地域に分かれています。

  • 北勢版(四日市市、桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町)
  • 鈴鹿・亀山版(鈴鹿市、亀山市)
  • 伊賀版(伊賀市、名張市)
  • 津市民版(津市)
  • 松阪・紀勢版(松阪市、明和町、多気町、大台町、大紀町)
  • 伊勢志摩版(伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町)
  • くろしお版(尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町、和歌山県新宮市、同県那智勝浦町)

 くろしお版は和歌山県にもまたがっているのが特徴です。

 この他の3ページはページ数順に「広域三重」「三重版」「三重総合」となっており「広域三重」「三重総合」は全県共通紙面です。題字は子版と「三重版」のページのみ掲載されています。「三重版」はくろしお版地域のうち熊野市以南で「紀州版」に差し替えられています

 よって県内の地域面は、地域によって8種類存在することになります。

2020年6月6日付中日新聞から

子版で共通するもの・しないもの

 7子版は完全にそれぞれが独自に編集されています。6日付紙面を眺めると、共通するもの、しないものを見つけることができます。

 子版題字下の広告は、北勢版と鈴鹿・亀山版が朝日楽器、他の5子版はミエライスのものと分かれました。一方、記事下スペースは全ての子版で、洋洋住研と日之出不動産がそれぞれ半5段(高さが15段組の5段分で横幅が紙面半分のサイズ。中日新聞は12段組なので高さは4段分に相当)広告を出稿しました。また記事中広告も共通で、ふじや本店のものでした。

 編集面では、特定定額給付金の相談窓口が各管内の市町ごとに掲載されています。ただしくろしお版は三重県内5市町のみで、和歌山県2市町の掲載はなし。津市民版と鈴鹿・亀山版は共通して津、鈴鹿、亀山3市分が載っています。

 おくやみ(訃報)は広域三重面での掲載で県内分がまとめられていますが、おめでた(出生情報)は子版掲載で各エリアの分しか載っていません。

 題字下広告のさらに下には「めだかのうた」という定型コーナーが全子版共通で載っています。親子の微笑ましい会話を読者が投稿するコーナー。松阪・紀勢版には投稿案内が掲載され、送り先は三重総局となっていました。

(次ページへ続く)