読書感想・書評

きょうも生きています #102

(書影は版元ドットコム)  岸政彦の小説『図書室』がよかった。中年女性が小学生時代のガール・ミーツ・ボーイを回顧する話。  大人になってみれば、そんなものにこ…

読書感想・書評

善教将大『維新支持の分析』を読みました

 大阪都構想を看板政策に掲げ、全国的な勢力拡大の失敗とは裏腹に大阪では依然、選挙勝利を続けている大阪維新の会は、時に橋下徹氏や松井一郎氏らポピュリズム政治家が…

読書感想・書評

2018年読んで良かった本

 卒論関係の単純作業が大幅に積み残っており、これから年内、積ん読本を消化する余裕はなさそう。今年の読了冊数は58。週1冊ペースくらいなのでそんなに多いわけでは…

読書感想・書評

読書録 2015年7月

7月の読書録です。日韓歴史認識問題とは何か (叢書・知を究める) [単行本]木村 幹ミネルヴァ書房2014-10-20日韓双方の言説分析から始まり、日韓間の歴…

読書感想・書評

読書録 2015年6月

遅まきながら、6月の読書録。 なお、今回から、特に面白かった本のみについて感想を書くこととします。 読んだ本の一覧は読書メーターをご覧ください。 来たる社会学…

読書感想・書評

読書録 2015年1月

受験で忙しいながらも,センター試験終わってから本をまとめて読みました。というわけで,今月読んだ本は3冊です。  1冊目=2015年1月22日読了  教養主義の…