見た・聴いた・読んだ 2019.9.16-22

2019年9月23日
スポンサーリンク

今週のフロント

辻陽『日本の地方議会─都市のジレンマ、消滅危機の町村』中公新書(2019)

 曽我謙悟『日本の地方政府』に続いて刊行された地方政治関連の中公新書。

 二元代表制の下、首長に強い権限のあるため国政に比して議会の存在価値が小さく、議会、議員をサポートする体制も弱い。ゆえに専門職なのか名誉職なのかはっきりしないのが日本の地方議員制度の特徴です。

 こうした課題に対して十把一絡げに議会改革を論じる向きを著者は牽制します。自治体の規模の大小や議員のなり手の多少に関して格差が大きいからです。地域代表なのか政策の代表なのか、議会の再定義をして各地域の特性を考慮した議会改革が求められるとしています。

 「今週のフロント」は、その週の見た・聴いた・読んだものの中から一つを紹介します。掲載しない週もあります。また特に取り上げたいものは従来同様、独立記事で紹介します。

見た

聴いた

読んだ

書籍
ウェブサイト、新聞・雑誌記事