FNN産経世論調査で不正 各紙の扱い

(前ページの続き)

毎日新聞

 毎日新聞(大阪本社12版)は第1社会面、折り目下の位置にヨコ見出しで掲載しています。記事は本記1本のみ。こちらも朝日同様、見出しでは「フジ・産経」という表記になっています。記事中「FNN」の文言は登場しません。

 毎日新聞は近頃、世論調査についてユニークな取り組みをしていることで知られています。埼玉大と世論調査ベンチャーを設立し、携帯電話のショートメールから回答画面にアクセスしてもらう方法と、固定電話で自動音声の質問に回答してもらう方法を組み合わせる新調査方式を開発し、今年5月から定例世論調査をこの方式に移行したのです。ちなみにベンチャーの社長を務めているのは、朝日新聞が取材した有識者の一人、松本センター長です。それだけにもう少し大きな扱いをするかな(せめて松本センター長の識者談話は載せるかな)と予想していましたが、今回は大々的な報道という印象は受けません。

 フジテレビと産経新聞社は19日、両社による合同世論調査で、調査業務の委託先業者が実際には電話していない架空の回答を計上する不正があったと発表した。不正は201…
mainichi.jp

読売、日経、中日

 読売新聞(大阪本社13版)は第3社会面、紙面折り目に重なる位置に見出し2段で掲載しました。記事は本記1本のみで、こちらも見出しは「フジ・産経」の並び。記事中「FNN」は登場しません。

 日本経済新聞(大阪本社12版)は第1社会面の短信コーナー「ピックアップ」の1項目目と小さな扱いでした。中日新聞(10版)は第1社会面の紙面中央に見出し3段分の扱い。両紙とも見出しは「フジ・産経」の並びで記事は共同通信の配信記事を使いました。文中「FNN」は登場しません。

フジテレビと産経新聞社は19日、合同で行った過去14回の電話世論調査で、調査業務委託先のコールセンター現場責任者が、実際には電話していない架空の回答を1回につき…
www.nikkei.com
https://www.chunichi.co.jp/article/75802

各紙見出し一覧

  • 産経新聞
    • 委託業者が不正入力/産経・FNN合同世論調査、一部データ/電話かけずに架空回答
    • 計14回分、記事を取り消します
  • 朝日新聞
    • フジ・産経世論調査で不正/再委託先、計14回架空回答作成
    • 社員が管理監督/朝日新聞社の調査
    • メディア不信懸念
  • 毎日新聞
    • フジ・産経世論調査不正/委託先、架空回答全体の17%
  • 読売新聞
    • フジ・産経の世論調査不正/請負業者、架空データ計2500件
  • 日本経済新聞
    • 世論調査、過去14回不正/フジと産経の委託先
  • 中日新聞
    • フジ・産経、世論調査で不正/記事取り消し、14回2500件架空回答